WORKS

アロウズガーデンデザインブログ

新展示場工事⑨ プールとデザインゲート。

;

 

新展示場のモデルガーデンは、引き続きプールの施工をしています。

 

今回はプールの側面と床のコンクリート工事です。

 

 

 

まずは側面の型枠から。

棒で突いて奥までコンクリートを流し込み、表面を整えます。

 

 

 

 

 

 

 

床部分。

コンクリートの表面をキレイに均していく技術は、思わず見とれてしまいます。

 

 

 

 

階段も作り、あとは表面のシート張りです!

 

 

 

 

さて、プール以外の部分も同時進行で進んでいます。

 

 

YKKの‟リレーリアフロントフレーム”と、LIXILの‟プラスG”を設置。

植栽と組み合わせ、プールエリアへの目隠しになります。

 

 

 

木目調のダークブラウンとブラックの、シックな組み合わせ。

 

 

 

 

スタイルコートの中は、床材とシャワーの設置が終わりました。

 

 

 

 

 

 

来週にはパッティングエリアも完成予定です。

また人工芝の施工と共にご紹介させて頂きますね。

 

新展示場工事⑧ いよいよプールの施工です。

;

 

遂に新展示場リゾートガーデン目玉の、プールの施工がはじまります!!

 

 

雪の降る寒い中、弊社自慢の職人さんたちが結集して施工に取り掛かりました。

 

 

 

まずはケーシングと呼ばれる、プールの型枠を施工していきます。

とても冷え込んだ信州の朝、樹脂の部材を温めてから組み立てていきます。

 

 

 

 

 

 

 

赤い見本の鉄筋の形に合わせて鉄筋を切り、折り曲げています。

 

 

 

 

コーナー部分に使用する部品をカットします。

 

 

 

型枠の組み立て。

 

 

 

 

 

下準備が完了したら

ケースをつなぎ合わせてプールの形にしていきます。

 

 

 

 

つなぎ合わせたケースの中には横筋と縦筋も入れていきます。

 

 

 

 

 

濾過器も組み込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

プールの外形が出来上がりました!

 

この後型枠の中にコンクリートを流し込み、プールの側面と床部分を仕上げていきます。