ALLOWS GARDEN DESIGN BLOG

アロウズガーデンデザインブログ

雑貨屋さんのエントランス。

;

 

長野市徳間に、4/27(月)に新しく雑貨屋さんがオープンいたします!

 

長野県内外で6店舗を展開されている、雑貨やギフトのお店『Will』さんです。

 

『Will ホームページ』

 

 

 

弊社で、店舗のエントランス部分のデザインと施工をさせていただきました。

 

店舗と駐車場の間のスペースを、雑草除去等のメンテナンスをしなくても済むように防草シートを敷き、表面に化粧砂利を敷きました。

外壁に合った色合いのものをお選びいただき、柔らかい雰囲気になりました。

 

 

 

 

 

エントランスの両脇には、様々なサイズの自然石を配置。

使用した石は、おがせ石です。

 

低木や下草(宿根草)も取り入れました。

今後それぞれの株が大きくなってくると、どんどんと賑やかになっていきます!

 

   

 

 

 

高木、低木、そして下草も極力手入れが少なくて済むものをチョイスしました。

全てを化粧砂利にするのではなく所々にゴロタ石や植栽が入ることによって、変化が生まれ飽きの来ない印象になります。

今後の木や下草の成長も楽しみです。

 

是非、お店の方へ訪れてみてください!

この度はご依頼いただき、ありがとうございました。

 

土留めブロックと樹脂フェンス

;

施工完了物件のご紹介をさせていただきます。

 

お庭がとても広く、先ずは第一期工事という事で土留めブロックと樹脂製木調フェンスの施工です。

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

東隣りのお宅に土などが落ちていかないかとご心配されていた為、ブロックを積み土留めに。

南側は2m近い高低差がありそのままですと危険でしたので、土留めブロックから高さを合わせた樹脂製木調フェンスを施工致しました。

 

板と板の間隔を少し広めにとり、すっきりとした見た目になっています。

これからのお庭づくりを引き立てる背景として活躍が期待できますね!

 

またお庭づくりが進みましたらご紹介させていただきたいと思います。

”ご家族で過ごせるガーデン”の施工中です!

;

 

現在工事を進めさせていただいている物件のご紹介です。

 

 

 

以前より大きめなウッドデッキがあり、その上でご家族で過ごしていらっしゃいました。

ただ周囲からの目隠しがなく、シェードで覆うことにより解放感を感じられなくなっていました。

 

そこで、今回はガーデン全体をフェンスやスクリーンで囲って、解放感も感じられながら過ごせるプライベートガーデンをご提案させていただきました!

 

 

Before写真と共にご紹介させていただきます。

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

東西からの目隠しには、アートボードというパネルを採用。

 

落ち着いた石目調のデザインですが、アルミと樹脂でできているんです!

南側のフェンスも、木製に見えますが樹脂製の製品です!

 

南側はお庭の高さより1mほど低くなっているので、この高さのフェンスでも充分目隠しになっています。

 

 

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

ウッドデッキを降りた空間には、インターロッキングのテラスが広がります。

上でも下でも過ごせ、更にローメンテナンスに・・・!

ウッドデッキは、ベンチ代わりにもなります!

 

 

現在は、日除けや雨よけとしてテラス屋根を施工させていただいています。

この後植木も入り、ライティングやアウトドアファニチャー(家具)もご採用いただいたので、素晴らしい空間が出来上がります‼

 

完成までご迷惑をお掛けしますが、もう少々お待ちください。

 

デザインゲートに斜め格子のアクセント。

;

 

こだわりのデザインのファサード空間が、もう一息で完成になります!

 

残す工事は、アプローチの天然石張りと植栽工事です。

 

 

 

 

 

 

アプローチの上空には、道路とプライベートの空間を仕切るデザインゲートを設置。

縦格子や斜めに配置した格子で、デザイン性を高めています。

 

 

 

 

 

門袖はジョリパット塗りで仕上げ、ポスト・表札・インターホンを設置しました。

 

 

 

 

 

下地のコンクリートが打ってある道路沿いのエントランスの部分は、天然石の乱張り仕上げになります。

 

アプローチは、天然石の風合いを施したインターロッキングに。

最近はスタンダードになってきた60×30cm角のサイズは、タイルのようにも見えて高級感がありますね!

 

 

 

 

 

完成すると、季節を感じられる数々の高木や低木、そして天然芝のガーデンが広がります。

 

完成までもう少々お待ちください!

 

印象的なファサードが完成しました。

;

 

現在施工中の物件。

門袖やデザインゲート、自然石の組み合わせで、印象的なファサードが出来上がりました!

 

植栽工事を残して完成しましたので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

ファサードのメインとなる門袖には、60×30cmの大判タイルを張りました。

横長の門袖は安定感がでるので、最近はこの形状が多くなってきています。

 

門袖前にはおがせ石を敷き詰め、人工物で硬くなりがちな印象を和らげています。

 

ファサード空間に額縁のように配置したデザインゲート。

ただお洒落なだけではなく、パブリック空間とプライベート空間を分けてくれる役割もあります。

 

この後に植えさせていただく植木とのマッチングも楽しみですね!

 

 

 

 

 

アプローチは、門袖のタイルと調和するように、石畳風のインターロッキングを採用していただきました。

 

 

 

 

 

東側からの目隠しも兼ねて、物置と自転車置き場が一体となった製品を設置。

 

 

 

 

犬走はよくあるコンクリートではなく、タイルで仕上げました。

 

 

 

 

 

弊社では、タイルテラス、門袖、アプローチなどタイルの施工を多くさせていただいています。

タイルのデザインには、石目調、木目調、マーブル柄、ナチュラル、モダンなどなど・・・。

色々なスタイルの住宅に合わせることができます!

 

 

また植栽工事が完了したら、ご紹介させていただきます。