WORKS

アロウズガーデンデザインブログ

リゾートガーデンのドローン撮影。

;

 

弊社でデザインと施工をさせていただいた、長野市内のリゾートスタイルガーデンの物件。

弊社のホームページや折込チラシ等でも掲載させていただいている、T様邸です。

 

先日、追加工事で離れのテラス空間を新たに施工させていただいたので、その部分の撮影も兼ねて全体をドローンで撮影させていただきました!

 

撮影前にはお掃除やファニチャーの配置などの事前準備までしていただき、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

今回新たに施工させていただいた、テラス空間。

三協アルミのラステラとガラスフェンス、ナチュレテラスです。

 

 

離れの室内から望む、メインガーデン。

 

 

 

ここから、ドローンの画像です。

 

ドローン撮影は、普段は見ることができない視点の素敵な写真や動画が撮れます!

 

 

 

 

 

 

空撮した動画を編集しました。

非日常のプライベートガーデン、是非ご覧ください!

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

弊社ではホームページやSNSで施工事例や施工中写真などをご紹介しておりますが、動画は情報量が多く、分かりやすいコンテンツです。

 

今後はSNSで動画も上げていこうと思いますので、是非ご覧ください。

 

プラスGを使用した目隠しフェンス

;

施工中物件のご紹介です。

分譲地の入口にあり、道路からの視線が気になるとご相談を頂きました。

 

 

 

 

Before

↓ ↓ ↓

完成イメージがこちらです。

LIXILのプラスGで道路とガーデンスペースを間仕切りし、植栽と縦格子で目隠しをしつつ緑の空間を演出。

 

 

 

 

お子様とプールで遊ぶスペースとして、透水性インターロッキングを施工します。

写真左側の奥様が大切に育てられたリッピアはそのままに。掃き出し窓にはウッドデッキを施工。

 

 

 

 

完成間近の写真がこちら。

防草シート上のチップと植栽工事で完了です。植栽が入る事で外観の雰囲気がより良くなります。

植栽工事が完了しましたら、改めてご紹介させていただきます。

家族と安心して過ごせる空間のご提案。

;

 

完了物件のご紹介。

 

長野市にある住宅のテラス空間の施工させていただきました。

 

施工前はウッドデッキがお庭にあるだけで、過ごすスペースとしては活用できていませんでした。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お庭で過ごしていただきたいと思い、フルオープンタイプのガーデンルーム”ジーマ”をご提案させていただきました。

カラーは住宅に合わせて、木調色のクリエラスクに。

ウッドデッキや住宅の外壁とマッチしていてとても素敵ですね。

 

ガーデンルームは各メーカーで特色があり住宅のデザインや色、お客様のお好みでご提案させていただいています。

 

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

お隣との境界沿いには、天然木のフェンスを設置。

天然木のフェンスはとても雰囲気の良い商品です。

アルミのフェンスや樹脂のフェンスにないナチュラル感があります。

 

 

 

  

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ガーデンルーム内のタイルテラスと外のウッドデッキで変化を持たせ、メリハリのある空間に。

外のウッドデッキは既存のものを使用して、無駄が出ない施工を行っています。

 

 

 

 

 

 

「ウッドデッキやタイルテラスはあるけれども、あまり活用していない。」

そんな方にはオススメの使い方です。

天然木製の薪棚、ウッドデッキ、自転車置場。

;

 

ガーデン&エクステリアのリフォーム施工中物件のご紹介です!

 

4年ほど前に一期工事として、丸太で作られていた土留めのリニューアルをさせていただいた物件です。

 

その時の工事の様子はコチラから。

↓ ↓ ↓

2016.4.2のブログ『土留めのリニューアル』

 

 

 

今回は、伸びすぎてしまった玄関前のコニファーの伐採から始まり、アプローチとガーデンの大幅なリフォームをご依頼いただきました。

 

Before&After(まだ施工途中ですが・・・)でご紹介いたします。

 

 

 

 

大きくなりすぎた玄関前のコニファー。

ゴールドクレスト、ひと頃イングリッシュガーデンの流行期には多く植えられた木です。

最近では植えることはほとんどなくなってきましたが、成長がとても速い樹木です。

↓ ↓ ↓

 

植木を除去した部分を自転車置場として利用し、いままでは自転車で占領されていた玄関ポーチが広くなりました!

この後、柱の外側に板を張って目隠しにします!

小型の物置も設置いたします。

 

 

 

 

アプローチ部分の改修。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

薪置場を大きくしました。

↓ ↓ ↓

 

 

 

 

老朽化していたウッドデッキのやり替え。

↓ ↓ ↓

 

 

 

今回使用した材木は、すべてレッドシダー(カナダ杉)。

香りが良く、屋外での耐久性も優れています。

耐久性はイペなどのアイアンウッドには敵いませんが、木目の美しさや加工のしやすさでは優れています!

 

 

今後一週間でアプローチの天然石乱張りなどを仕上げ、9月には芝生を張って完成になります。

もうしばらくご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願いいたします。

 

ホワイトとダークブラウンのシンプルなファサード。

;

 

施工完了物件のご紹介です。

 

モダンな住宅のガーデン&ファサード工事をさせていただきました。

 

 

 

アプローチには、天然石の乱張りを使用。

ダークブラウンのレンガで縁取りました。

 

白い石張りとコンクリートが接する場合、せっかくの石張りがぼやけてしまいますので、レンガ縁を入れて石張りを強調します。

 

天然石は見た目だけでなく機能性にも優れており、施工後、年数を重ねることで味がでてきます。

経年美化という考え方です!

 

 

 

 

 

玄関前に植え付けたアオハダは、アプローチとガーデンの区切りに加え、ウッドデッキの西日除けも兼ねています。

 

 

 

 

 

ウッドデッキは人工木を使用。

 

ウッドデッキは使用用途に合わせてサイズを決定します。

今回の事例ではお家からお庭に出やすくするための動線と、お庭作業の際のちょっとした休憩場所として使っていただけるように設計しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルでスタイリッシュなデザインの中にも、天然素材で温かみを演出・・・。

 

そんなファサードになりました!

 

1 2 3 4 5 6 15