長野市川中島 ガーデン&エクステリア アロウズ ガーデン デザイン

電話でのお問い合わせ・・・フリーダイヤル 0120-916-396

アロウズガーデンデザイン ブログ

アロウズガーデンブログ

ライティングで洗練された雰囲気に。

先日完成した物件、夜のシーンを撮影させていただきましたのでご紹介します。

 

 

 

構造物が完成して、植栽工事前の状態。

住宅に合わせたスタイルと色合いで、スタイリッシュなデザインになっています。

 

 

デザインフレームとカーポートは、木目調を取り入れたカラーでコーディネート。

硬い印象になりがちなスタイリッシュテイスト、木目調のアクセント共に天然石やレンガなどで、ぬくもりと柔らかさを演出しました。

 

20171009_232514032_iOS

 

 

ここに植栽が入ると、全体に動きが出ます!

↓ ↓ ↓

1

 

 

 

そして、ライティングで洗練された雰囲気に!

↓ ↓ ↓ 

42 3  5 6 7

 

 

 

今回の物件、ほぼ初回ご提案通りに採用していただき、デザイン性と機能性を兼ね備えたファーサードになりました。

ありがとうございました!

 

 

新芽が出た頃に撮影させていただき、施工事例に追加予定です。

 

アロウズガーデンブログ

住宅に合わせたデザイン。

エクステリアをデザインする上で、非常に重要なこと。

機能面や将来性など色々とありますが、デザインの面では、住宅とマッチさせることがとっても大事です。

 

当店では、様々なスタイルの住宅に合わせて、ご提案するエクステリアデザインは多岐にわたります。

 

今回は、色々なスタイルのエクステリアをご紹介いたします。

 

 

 

 

 

現在工事中の物件。

 

住宅は、サンプロさんのスタイリッシュなデザイン。

スクエア形状の外観に合わせ、ファサードもスクエアを意識しました。

 

 

当然、白い外壁に映える高木の植栽が入ります!

アップライトも設置するので、外壁に移る木の影が幻想的な空間を演出してくれます。

(その様子は、近日中にご紹介します。)

1 2

 

 

門袖には、石目調のボードを張りました。

外壁と見事に調和していますね!

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

続いてのお宅は、ジャパニーズモダンスタイル。

 

須坂市八重森で近日開業される、『やえの森治療院』様です。

 

4

 

 

 

道路との高低差は、浅間石を積み上げました。

 

高木から低木、コケや下草類も植えさせていただきました。

石の間から生えてきた雑草も良い感じです。

 

5

 

 

 

ジャパニーズモダンな雰囲気を演出する、木目調のゲートと格子。

適度な目隠しになっていて、アプローチとも上品に区切っています。

 

アプローチ素材は、信州産の佐久鉄平石。

6 7

 

 

 

チップとの見切りには、元からあった敷石を流用しました。

材料費、無料!

8

 

 

素晴らしいロケーションを借景です。

9

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、ご新築に伴うエクステリア。

 

人工物だけだと無機質になってしまうので、天然素材と植栽で温かみを演出。

赤いポストが目を引きます!

 

アプローチは曲線で柔らかい印象を与え、駐車スペースからの動線も確保しました。

天然石樹脂舗装、リンクストーンです。

 11

 

 

南側のタイルテラス。

 

二つの掃き出し窓をつなぎました。

角には、西日除けの落葉樹、ジューンベリー。

10

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、かわいらしい雰囲気の三井ホームさんの住宅。

外壁は塗り壁です。

 

住宅にデザインされている曲線を意識して、アプローチは曲線形状にデザインしました。

素材にもこだわり、天然石の乱張りを採用。

12

13

 

 

 

アプローチの蹴上部分も石張りで仕上げ、ガーデンと道路との段差は芝生で処理しました。

 

隣地との高低差の解消には、高耐久枕木を使用。

高さをランダムに変え、見た目にも楽しませてくれます。

14

 

 

 

 

 

 

数件ご紹介しましたが、住宅を引き立てるのがエクステリアの役割です。

 

機能面だけではなくデザインにもこだわっていただいて、おしゃれな街並みを形成しましょう‼

 

アロウズガーデンブログ

天然素材の和モダン風エクステリア。

ジャパニーズモダンスタイルのエクステリア。

植栽工事を残し、完成が近付いてきました!

 

広い敷地の、ガーデン&エクステリアリフォームです。

 

 

〔Before〕

before 

↓ ↓ ↓

〔After〕

210 - コピー

 

 

道路側は芝張りのガーデンに。

中央のモミジは、剪定して移植しました。

 

道路との高低差の解消には、浅間石を積みました。

211 - コピー 212 - コピー 213 - コピー 214 - コピー

 

 

 

住宅に調和させた鉄平石張りのアプローチ。

デザインフレームと縦格子で、さりげなく空間を仕切ります。

215 - コピー

 

 

 

〔Before〕

before2

↓ ↓ ↓

〔After〕

216 - コピー

 

 

 

 

この後、多数の植木や下草が入り、もっともっと素敵な空間になります。

またご紹介します!

アロウズガーデンブログ

クランクで入るアプローチ。

玄関から道路へのアプローチは、一直線のデザインはなるべく避けたいものです。

 

歩いていく正面に門袖や植木を配置して視線を分散したり、駐車スペースからの家族専用通路を確保したり・・・。

そういった機能的でデザイン性にも秀でたファサードは、お洒落な街並みを形成します。

 

そんな作品が完成に近づいてきました!

 

20171009_232514032_iOS

 

 

 

まず目を引くのは、アプローチの正面に幅の広い門袖。

 

玄関から出た部分の目隠しには、縦格子を使用。

 

門袖に設置したポストは裏から取り出す仕様で、通路も作ってあります。

左側の予備駐車場からの通路も兼ねています!

 

20171009_232250990_iOS

 

 

 

ファサードに採用したゲートと格子は、LIXILのプラスGという商品。

カーポートと同じメーカーなので、色を合わせて統一感のある空間になっています。

 

20171009_232503693_iOS 

 

 

 

見事に住宅のデザインを引き立てるエクステリアが完成しました。

 

近日中に、ここに背が高めの植木を数本植えます。

間違いなくもっともっと素敵な空間になるので、楽しみです!

 

 

 

 

 

 

そして、最新施工実例を1件追加しました。

 

 

こちらもプラスGを使った作品。

 

白い塗り壁と共に、プライベートガーデンを実現しました。

是非ご覧ください!

 

施工実例 No.138

 

アロウズガーデンブログ

庭を眺める、離れの空間が完成しました。

完成作品のご紹介です。

 

 

 

とても広く、手入れの行き届いたお庭。

 

その素晴らしいお庭を、ゆったりと眺めることの出来る空間を作らせていただきました。

庭園の手入れをしている時のちょっとした休憩場所や、ご夫婦やご家族、友人とのティータイムにも活躍してくれます‼

 

1

 

 

庭のコーナーに設置した、アネックススペース(離れ)。

LIXIL製のプラスGとタイルテラスです。

 

 

このスペースからの庭の眺めは、こんな感じです。

↓ ↓ ↓ 

102

 

 

 

木目調の天井材で高級感を演出。

 

3 4

 

 

5

 

 

 

弊社おススメのガーデンファニチャー、ドイツ製のK.Raucord。

 

雨に濡れても平気なクッションは、11色から選べます!

(弊社展示場では、雨でも雪でも外に出しっぱなしで暴露試験中。1年半経過した状況をご覧いただけます。)

 

K.Raucord 商品紹介ページ

 

 

屋外とはいえ、やはり柔らかいほうが断然座り心地が良いですよね。

このファニチャーは安いものではありませんが、長い目で見ると絶対に後悔はしないと思います。

 

癒しのガーデンライフには、必需品です!

 

6

 

 

 

 

上方からの日射を遮ってくれる、可動式のルーバーフェンス。

木目調のホワイトでアクセントにしました。

 

7 8 9

 

 

 

 

庭の奥や角にこういったスペースがあると、周囲を気にせずにゆったりと過ごすことが出来ます。

 

10 11 12

 

 

 

暑い時期は、南や西からの太陽をシェードで遮ります。

程よい目隠しにもなっています。

13

 

 

 

 

ご主人様のご提案で、追加で設置した横桟フェンス。

 

足元を囲うことにより、きっちりとした印象になりました!

周囲の植栽との相性も抜群です。

14 15

 

 

 

最後に、Before&After。

 

Before

16b

After

16  

 

 

 

 

Before

17b

After

17 

 

 

 

 

もうしばらくしたら、庭の木々が美しく紅葉するとのことです。

 

そのタイミングで再度撮影にお伺いしたいと思います!

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
受賞歴
展示場