長野市川中島 ガーデン&エクステリア アロウズ ガーデン デザイン

電話でのお問い合わせ・・・フリーダイヤル 0120-916-396

アロウズガーデンデザイン ブログ

アロウズガーデンブログ

タイルテラス+屋根のアウトドアリビング。

今日は一日天候に恵まれましたが、ここ最近の戻り梅雨のような天候で工事が遅れ気味で

ご迷惑をおかけしています・・・。

 

そんな中、長野市内でアウトドアリビングを施工中です。

 

広々としたタイルテラスに清潔感のあるホワイト木目調のテラス屋根。

屋根は三協アルミの『スマーレ』オープンテラスタイプです。

 

 

テラスの屋根材は熱線遮断FRPです。

一昔前の熱線遮断屋根材はかなり暗くなるものばかりでしたが、最近の物は結構

光を採り入れてくれるようになりました!

 

 

 

 

立水栓もお洒落なものに取り替え。

水受けもタイルテラスに組み込みます。

 

 

 

 

明日からいよいよタイル張りです。

今週末には素敵なアウトドアリビングが完成します‼

 

 

 

 

 

こちらの部材は、ウッドフェンス用のレッドシダー材です。

 

塗装前と塗装後。

塗料はオスモカラーのマホガニー色。

 

 

塗装完了!

 

このウッドフェンスと植木も今週施工予定です。

ライティングも取り入れているので、お楽しみに‼

アロウズガーデンブログ

Big!出幅3.3mのガーデンルーム。

先日から施工させていただいていたLIXILのガーデンルーム、

『ZIMA』が完成しました‼

 

今回は、なんと出幅が最大サイズの3.3mもある、8尺に3尺延長の11尺タイプです。

 

中に入ってみると良くわかりますが、とにかく広々。

テーブルと4脚のイスを置いてもこの余裕・・・

 

とてもゆったりした時間が過ごせそうです。

 

スローライフ!

 

 

 

 

この間のお宅のZIMAはクリエモカでしたが、今回のマテリアルカラーはクリエラスク。

やさしい色です。

ちなみに、この間のお宅のZIMA施工事例はコチラです。 → 施工事例No.10

 

 

住宅の外壁の色が濃い場合、無理に合わせずに明るめの色をもってくるとメリハリが効いて

お互いを引き立たせることもできます。

 

ただ、今回は玄関ポーチの柱に近い色を使用しました。

このような、既存の住宅にあるワンポイントに合わせると浮いてしまうことはありませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

床は、レッドシダー材の天然木ウッドデッキ。

ナチュラルなカラーとホワイトの2色を使って、内と外をしっかりと区分け。

レール部分でどうしても36mmの段差が出来てしまうので、安全上その段差をしっかりと

視認出来ます。

 

 

もちろん、中はフロアー材を使用して隙間はありません。

フロアー材はプレーナーしてあるので、結構すべすべですよ。

 

 

 

 

 

 

 

ガーデンファニチャーとペンダントライトは、同じくLIXILのミッドテリアシリーズから。

お洒落でとても質の良い商品です。

 

 

心地よい風が吹き抜ける寛ぎの空間で、よりよいガーデンライフをお過ごしください・・・

 

 

 

 

 

最後の仕上げで、照明の配線工事を残すのみです。

施工事例には、後日アップします。

 

 

 

 

 

 

後日・・・  便利な言葉ですねー。

アロウズガーデンブログ

茶色い塗り壁のお宅にマッチした、ウッドフェンス&ウッドデッキ。

 

完成したお宅のご紹介です。

 

こだわってデザインされた住宅を、より一層引き立てるようなエクステリアです。

家は茶色い塗り仕上げの外壁で玄関正面で2色に塗り分けられていて、デザインもお洒落。

ちなみに、お家の中も随所にお洒落ポイントが散りばめられていて、格好良かったです!

 

 

 

さて、まずは庭のウッドデッキから・・・

 

素材はレッドシダー材。

防腐や防蟻に優れている・綺麗な木目・良い香り・加工しやすい・安定供給などなど、

Allowsお勧めのデッキ材です。

 

 

ナチュラルな家に合った、素晴らしい空間が出来上がりました。

 

デッキの色に相当悩まれましたが、この色にして大正解でしたね!

とても自然に溶け込んでいます。

 

 

 

 

 

次は、玄関側。

お子さんの飛び出し防止対策と、玄関ドアを開けた時の目隠し、プラスアルファを兼ねたウッドフェンスです。

こちらもレッドシダー材。

板は1×6材で隙間は1cm。

 

 

プラスアルファは、板塀裏側のこのスペースです。

玄関を開けるときの荷物置きや小さいお子さんをちょっと座らせておいたり・・・

 

デッドスペースを見事に生かして、更にウッドフェンスの補強にもなりました。

奥様にもとても喜んでいただきました。

 

 

今後もこんなご提案をどんどんと取り入れていきます!

 

 

Before&After。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらがご提案図面。

アプローチや設備機器前のフェンスなど、次回工事予定です。

 

 

 

 

 

 

施工事例にも後日アップします。

アロウズガーデンブログ

工事用看板デビュー!

ただいま施工中の長野市Y様邸。

 

ようやく当店の工事中の看板が出来上がりましたので、早速立てさせていただきました。

 

現在のところはまだ2枚しか作っていないため、5件ほど同時進行の現状では全ての施工現場には

設置できません。

移動しつつ使っていきますので、ご了承ください。

 

 

 

 

そしてこちらのお宅は、ライフスタイルの変化に合わせて駐車場を増設するガーデンリフォームです。

庭の草木スペースを縮小して、カーポートや予備駐車場、そしてアプローチも整備します。

 

 

 

こちらが施工前。

 

施工中。

 

 

 

違うアングルから。

施工前。

 

 

施工中。

 

 

 

かなりの数の樹木を撤去して土を鋤取り、砕石の路盤が仕上がったところです。

砕石の厚みは約15cm。仕上げの石張りやコンクリートの厚みが12cm。

トータルの25cm以上を掘り下げました。

 

ちなみに、撤去した植木はご主人様の畑に移植するとのことで、なるべく根回りの土を残して掘り上げました。

長年大事に育てた植木達。処理してしまうのは忍びないですからね・・・。

ただ、この暑さ。

ちゃんと根付くかどうかは厳しいかも・・・。

 

 

再来週にはほとんど完成する予定です!

 

 

 

 

追伸

現地調査の時にはまだ植木の新芽も出ていなかったのに、いまはもう真夏・・・。

プラン&工事を大変お待たせしてしまって申し訳ないです。

アロウズガーデンブログ

数十年ぶりに遭遇。

今日、現地調査に伺ったお宅の隣の田んぼで、25年ぶりぐらいにこんな生き物を発見しました。

 

 

 

 

おたまじゃくし・・・

ではありませんよ。

 

 

カブトエビです。

 

ずっと前はたくさんいた気がしましたが、最近めっきり見なくなって・・・

大人になってじっくり田んぼを見る機会がなくなったのか、個体数が減っているのか。

 

カブトエビは卵の状態で秋・冬・春を土の中で耐えて、田に水が入ると孵化するらしいですね。

卵の状態では除草剤からも身を守れるとか。

これが何千年も姿をほとんど変えずに存在している理由なんですかね?

 

裏返った状態はどうもじっくり見れません。

私は、足を無数にお持ちの方は苦手でして。

 

この時期、現場で植木のそばを通るときは気を使います。

 

 

 

 

 

 

 

さて、施工事例にもようやく1件追加できましたが、ここでも紹介いたします。

大人なウッドデッキ空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

夜の写真は、タカショーというメーカーのライティング専門サイトにも投稿してありますので、

是非そちらもご覧ください。

非常にたくさんのガーデンライティング施工例が掲載されています。

 

ライティングマイスターサイトはこちら

 

こちらのお宅の施工事例は、当サイトの施工事例集をご覧ください。

No.11です。

施工事例集はこちら。

 

 

 

なおNo.10のS様邸ですが、施工後1か月が経過して芝生も良い感じになってきたので、

追加でアップしました。

夜景ももっと良い感じのが撮れましたので、併せてご覧ください!

2013年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
受賞歴
展示場